【世界を飛び回る生き方】一人で生きていくという覚悟

Posted on Posted in Travel Life -世界を飛び回る生き方-

世界を飛び回る生き方をするには、一人で生きていく、という覚悟が必要。

精神的自立は必要不可欠。

.

異国の地で、異文化の中で、一人で暮らす。
時に英語がほぼ通じない国に一人で行くこともある。

時に治安の悪い都市にも行く。

.

.

もちろん、今暮らしている国から遠く離れた場所にいるパートナーは心の支えにはなる。

でも、旅をしている間は一人。

.

異国の地でトラブルがあった時、全て一人で何とかしなくてはいけない。

自分の身内には誰にも頼れない。

.

その国、その場所で、たまたま目の前にいた現地の人々にいきなり頼るしかない時もある。

.

旅はいつだって困難がつきまとう。

日本人が多くいる安全なリゾートに行って、ただ楽しむだけの旅行やバケーションなら、そんなこともないけど。

.

まだ日本にあまり知られていない世界の国々を、たった一人で旅し、開拓していくなら、困難はつきもの。

そして女一人で世界中を旅するのは、男一人で旅をするより危険度も困難度も高い。

.

世界一治安が悪いと言われる都市がある中米の国に行った時は、さすがに怖くて泣きそうになった。

.

1人で何でもできるという覚悟と、勇気と行動力がないと、世界中を旅して友人達を作り、世界で暮らし、世界中を飛び回ることは出来ないと思う。

.

2015 in Serbia/ フェス取材のためセルビアのノビサドという街へ。日本語の情報ほぼなし、英語もほぼ通じない、毎日無事生き抜くのに必死な旅だった

.
KANA 

.

.
◆世界を飛び回る生き方   コラム一覧はこちら
.

◆世界の国々で経験して気づいたこと、世界の国々の人々の生き方や文化、旅で得たもの失ったものなど、トラベルジャーナリストとしてメディアに執筆している記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です